同じ業者でも別店舗では車の査定額が異なる事も

車の買取業者によっては、チェーン展開している所もあります。

 

例えばAという業者があり、そこは全国チェーン展開しているとしましょう。千葉県にB、神奈川県にC、埼玉県にDなどの具合ですね。
ところで人によっては、そのBとCとDの査定金額の違いが気になっている事もあるのだそうです。つまりBとCとDは、全て同じ金額を提示するのかどうかが気になっている訳ですね。

 

ではBもCもDも同じなのかというと、それは業者次第です。ただ平均的には、BとCとDは査定額が異なるケースが多いですね。

 

例えばEという車を見てもらうとしましょう。お店Bから提示された査定金額は、30万円だとします。ところでお店Cも、Aの系列ですね。であればCも30万円になるかというと、そうならないケースが多いのです。28万円や32万円などと、異なるケースが多いそうですね。全く同じ車EをA社で見てもらっても、金額が異なるケースがある訳です。

 

この理由ですが、経営方針の違いが一因だそうです。確かにBもCもAという会社の傘下にはあるのですが、それぞれ方針の違いがあるので査定金額が異なる事もある訳ですね。

 

ただし全ての業者が、上記のようになるとは限りません。業者によっては、完全統一されているケースもあります。つまりBもCもDも、全て30万円といった具合です。全てのお店のスタッフに対する教育を徹底する事で、30万円で統一される業者もある訳ですね。

 

しかし実際には、上記の30万円や28万円や32万円のように異なる業者の方が多いと言われています。このためある業者の店舗で査定を受けてもらったとしても、敢えて同じ業者の別の店舗で査定を受けてもらうのも1つの方法ではあります。
シエンタ 買取

 

しかし同じ系列の会社であれば、査定額が大きく変化する可能性は低いとも思いますね。さすがに数十万円も差がつくことは無く、せいぜい数万円程度だと推理します。